top of page

⑩シャンプーをするということ


立ち読み

IMBが考えるシャンプーの2つの目的

① 人と犬の衛生面:汚れや臭いなどを取り除いて、衛生的に保つこと

② 美容目的:スタイリングをしやすくする、手触りをよくする カットをしやすくする、見た目をよくする


シャンプーの考え方

シャンプーは目的を明確にすることが大切です。

シャンプーをしてどのようにしたいのかを明確にしないと、適切なシャンプー剤を選択できません。

また、シャンプーによって皮膚や被毛の状態が.............[中略]


シャンプーのゴール

仕上がりの状態を明確にして、最も目的に合ったシャンプー剤を選択します。

例えば、ふわふわにしたい.............[中略]


汚れに対するシャンプー剤の選択

シャンプーをする前に、汚れがどのようなものなのかを把握する必要があります。その汚れの内容や状態によって、シャンプー剤を選択する必要があります。

汚れには大きく分けて2つあります。.............[中略]



界面活性剤のイオン性

さまざまな考え方がありますが、犬の身体の汚れとシャンプーのイオンの性質は、洗浄の仕組みと強い関連性が無いとIMBでは考えるため、詳細については明記いたしません。


シャンプーをする頻度

シャンプーをする目的に照らし合わせてシャンプーをするかどうかを決めます。

   ① 衛生面の維持が目的なら、.............[中略]


シャンプー剤の基本情報

シャンプー剤にはさまざまなものが入っており、大きく3つに分類することができ.............[中略]


界面活性剤の作用

界面活性剤とは物質と物質の境目、つまり界面を変化させる作用のある物質の総称です。

界面活性剤=洗剤(洗浄)というイメージが強いのですが、界面活性剤の働きは.............[中略]


シャンプーの洗浄力

洗浄力とは、汚れを取り除ける能力の高さを言います。

洗浄力が決まるのは、.............[中略]


シャンプーの種類
シャンプーの濃度
シャンプー剤の使用量
シャンプー回数
目的別シャンプー方法

目的① 人と犬の衛生面


(1) シャンプー剤選び

(2) 洗い方


目的② 美容目的


(1) シャンプー剤選び

(2) すすぎ方

(3) リンス(コンディショナーやトリートメントも同様)

(4) リンスのすすぎ


シャンプー剤・リンス剤の残留性、刺激性、安全性について

とりもち、ネズミ捕りの粘着剤が付着している場合

ガムが毛に付着している場合

.............[ここから先の全文を読むには購読が必要です]

記事の続きは…

imb-theory.com を定期購読してお読みください。

最新記事

すべて表示

Comentários

Não foi possível carregar comentários
Parece que houve um problema técnico. Tente reconectar ou atualizar a página.
bottom of page